ネイル資格

ネイル資格を取る方法|講座比較・取得するならこちら

ネイル資格を取りたいと考えているけどどのようにしてどこで勉強、取得したらよいのかわからないという方も多いと思います。
講座もコースも様々ありますから迷ってしますと思います。
そこでおすすめの講座やおすすめの一括資料請求サービスなどを紹介しています。
また、ネイル資格についても紹介していますのでよろしければ参考にしてみてください。

目次

ネイル資格を取るためにチェックしておきたいサイト

 ◇ケイコとマナブ.net
 ◇ビューティー資格ナビ ネイル
 ◇たのまな(ヒューマンアカデミー)

ネイルの資格を取るには
ネイルの資格を取るためにまずは資料請求

ネイル資格を取るためにチェックしておきたいサイト

ケイコとマナブ.net

ケイコとマナブ.netはクルールグループが運営する資格講座、スクール一括資料請求サービスです。
リクルートグループということで大手ですね。
スクール、講座の数も多いですし、大手ということで安心して利用できるのではないでしょうか。
電話番号も記入しなくて良いですし記入も簡単です。

 

公式サイトで確認⇒ネイル講座

ビューティー資格ナビ ネイル

ビューティー資格ナビは美容系の資格取得のための全国の講座、スクールの資料を一括で請求できるサービスを提供しています。
提携会社も多く、自分の求めているものが見つかるのではないでしょうか。
いろいろ探して一つ一つ調べるのが面倒という方にはとても便利ではないでしょうか。

 

公式サイトで確認⇒ビューティー資格ナビ ネイル

たのまな(ヒューマンアカデミー)

たのまなはヒューマンアカデミーの通信講座サイトです。
ヒューマンアカデミーは資格講座で知名度がありご存知の方ばかりだと思います。
ネイルの資格を取るための講座という点でもヒューマンアカデミーは知名度が高く実績がありますね。
実際、ヒューマンアカデミーの人気講座ランキングでもほとんど1位です。
もちろん通信講座だけでなく通学講座も行っているので一度見てみると良いのではないでしょうか。

 

公式サイトで確認⇒ヒューマンの通信講座 『ネイル』

ネイルの資格を取るには

現在、日本国内ではネイルアートの資格としていくつかの検定試験が行われています。

 

中でも最も有名なものが、一般財団法人日本ネイリスト検定試験センターが主催する『ネイリスト技能検定試験』です。

 

この試験は1級から3級までグレードが分かれており、最もグレードの高い1級では国際ライセンスと同等の基準となっており、ネイルアートに関する基礎理論と実技の両方についての試験が行われます。

 

また、この他の検定試験としては、INAが主催する『ネイルスペシャリスト技能検定試験』や、JNAが主催する『JNAジェルネイル技能検定試験』などもあり、それぞれ独自の基準に基づく検定試験が行われています。

 

これらの資格はネイリストとして仕事を行う上で取得が義務付けられているものではありませんが、技能や知識を計る基準となっているため、ネイルサロンなどへ就職する際にはほぼ必須となっています。

 

これらの資格を取得する場合、独学で試験に臨むのは難しいため、ネイリスト向けのスクールへ入学したり、通信教育の講座を受講するなど、資格取得のためのサポートを受けるのが確実です。

 

こうしたスクールや通信教育の講座では、合格したい認定試験の種類やグレードに合わせた様々なコースが用意されています。

ネイルの資格を取るためにまずは資料請求

ネイルの資格を取るにはまずはどのように取るのかを決めないといけません。
おそらく通信講座かスクールに通うことになると思います。

 

そこでおすすめなのか無料一括資料請求です。
いろいろな通信講座やスクールの資料をまとめて取り寄せることができます。
あなたのお住まいの近くのスクールなどもまとめて資料請求できますので便利です。

 

おすすめはやはりリクルートグループのケイコとマナブ.netでしょう。
掲載数も多いですし、大手ですから安心して利用できるのではないでしょうか。

 

まずは資料請求してみて比較して選ぶと良いのではないでしょうか。

ネイル資格をとるメリット

ネイルの人気にともなって、ネイルの資格をとる人が増えています。
資格をとるメリットは、なんといっても知識があることが他の人にも理解されることです。

 

資格がなくてもネイリストになることはできますが、やはりあったほうが有利です。
きちんとネイルについて勉強したからこその得られるものだからです。

 

また、ネイリストとして手に職をつけて将来的に独立もできるので、大きなメリットになります。

 

資格にはいくつか種類がありますが、もっとも有名なのがネイリスト技能検定試験です。

 

3級はネイルケアの手順がきちんと行えること、2級はサロンに入って働けるレベルの技術があること、1級は理論も技術も申し分なくプロ中のプロとして活躍できることが合格基準になります。

 

他にも人気が高まっているジェルネイル技能検定試験もあり、資格があることで、お客さんのニーズに応えられるネイリストであることがわかります。

 

腕を磨くことでネイルサロンで働くだけでなく、自分で開業したり、スクールの講師になることもできます。

 

資格があることで、一定の知識と技術があることを証明することができます。
出題範囲も勉強しておいて損になることは一切ありませんので、プロを目指す人はぜひ取得したいものです。

ネイル資格の費用について

女性に人気の職業のひとつであるネイリストは成長市場で需要もかなりあり、就職のために資格の取得を目指している人も多くいます。

 

検定は民間資格でネイリスト検定とジェルネイル検定があり、どちらも試験費そのものは1万円前後ですが、段階的に低い方の合格者でないと上級の試験が受けられない仕組みになっています。

 

また、ネイルについての実務教育を修了している事が受験資格に必須となるので一般的にはスクールに通う事になり、これは決して安い費用ではありません。

 

学校のレベルや知名度、コース内容にもよりますが、教材のための費用も考えると最低でも数十万は見積もっておいた方が良いでしょう。

 

自分の趣味でとどめておくのであればあまり問題にはなりませんが、実際にネイルの資格として就職に有利になるのは2級以上で、合格率は半数を割るので料金が安いからといって安易に選ばず、実務を含めしっかりとした内容のクラスを提供してくれるスクールに通った方が長い目で見れば得な場合もあります。

 

独立してお店を持つ場合でも資格があれば信用度が違います。
合わせて衛生管理士も取得していれば安心をして開業ができますが、こちらも試験は1万円くらいで受ける事ができます。

ネイル資格の種類について

ネイリストとしてサロンで働くうえで必須の資格というものはありませんが、何かしらの資格を持っていないと就職が難しいというのが現状です。

 

ネイル資格にはいくつか種類があります。

 

最も有名なのは公益財団法人日本ネイリスト検定試験センターが認定を行っている「ネイリスト技能検定試験」で、1級、2級、3級があります。

 

次に有名なのがインターナショナルネイルアソシエーションが認定を行っている「ネイルスペシャリスト技能検定試験」で、学生と初心者を対象にしたA級とSA級、プロフェッショナルを対象としたPA級、AA級、AAA級があります。

 

また、近年ジェルネイルの普及が進んだことからジェルネイルに特化した「JNAジェルネイル技能検定試験」というものも生まれました。こちらは日本ネイリスト協会が認定を行っている試験で、初級、中級、上級があります。

 

試験内容は実技と筆記の両方が行われるものが多く、3級を取得していないと2級の試験は受けられないというように、下位資格を取得しないと上位資格の受験はできません。

 

様々な資格の種類がありますが、独学で合格するのは難しいため、専門学校やスクールに通って知識と技術を身に着けてから受験するというのが一般的のようです。

ネイルの資格はどのような勉強をするのか

美容関係の資格は現代様々なものがあります。
その中でも人気を集めいてるのがネイリスト。

 

その資格で最も有名な試験は、一般財団ネイリスト検定試験センター主催のネイリスト技能検定試験です。
こちらの試験は1級から3級にわわかれています。

 

勉強ないようとして、ネイルの基礎理論、ネイルケア、リペア、ラップ、ネイルアート、ネイルの用語などを学びます。
上級になるとエンボス、3Dなどのアートやチップオーバーレイ、スカルプチュア、ジェルネイル、フレンチ、フィルイン、埋め込みなどを学びます。
難しい専門用語が並びましたが、まずハンドケアで指や爪のしくみ、構造、健康状態を知る事から始め、甘皮の処理の仕方や形の整え方、爪に与えるダメージやマッサージなど基本的な事を学びます。
そこからはネイルの種類、アートの種類、デザイン、バランス、色彩感覚にわたるまで勉強する項目は沢山あります。

 

ネイリストの需要は急激に高まっているので、今なら資格を取得する事で転職にも有利で手に職のつく、一生ものの仕事に就くことができます。
アートだけでなくケアの勉強もできるので健康的な爪を維持する事ができ、将来的には独立してサロンの開業をする事も可能になるのでとても人気の資格と言えるでしょう。

ネイル通信講座のメリットとデメリット

ネイル通信講座なら、憧れのネイリストになりたいと思った時からすぐに始められます。 自宅でサロン開業や自分の爪にネイルを楽しみたい方にオススメの講座です。

 

ネイル通信講座のメリットとしては、OLや主婦、育児中の方でも自分で自分のペースでじっくりと勉強ができ、ノウハウがぎっしりと詰め込まれているほか、不安な技術面においてはDVD教材で何度も繰り返し練習が出来ます。

 

疑問点がある場合は、通信講座スタッフに電話などで気軽に質問出来るので、プログラム内容に沿って無駄なく学習することが出来ます。
スクールに通う交通費や時間の無駄がなく、スクールに比べて断然格安で学べるのもメリットの一つです。

 

その反面で通信講座でのデメリットとしては、同じ環境で学ぶ仲間がいないので、比較対象がなく自分の相対的レベルが掴みにくいこと、モチベーションの維持が難しい、練習用のチップを使う・対面ではないので力加減や手の形などを学ぶことが難しい、しっかりと時間管理をして計画的に勉強しなければなかなか修了することが出来ないなどのいくつかのデメリットがあります。

 

自分で進めていくものなので、途中で挫折する方はかなり多く、強い覚悟が必要となります。
ですがネイル通信講座でも、しっかりと勉強すれば検定に合格することも、ネイリストの仕事に就くことも可能です。

ネイルスクールに通うメリットとデメリット

ネイリストになるには特別な資格を取得しなくても可能ですが、基本的な知識がないままでネイルサロンに就職してもすぐにネイルアートができるわけではありませんので、ネイルスクールに通い技術と知識を身に付けることが大切なのです。

 

ネイルスクールでは、全くの未経験からでも高度な技術と知識を身に付けられるというメリットがあります。
一流のネイルスクールでは講師の実力も高くなりますし、ネイルサロンが経営しているネイルスクールでは最新の技術を学ぶこともできるのです。

 

スクールによってはネイルサロンで実務経験を体験できるインターンシップを行っているところもありますし、そのまま就職できるメリットもあるのです。

 

ネイルスクールの選び方によっては、就職への道が有利に進められるのです。

 

一方でスクールに通うデメリットは高額な授業料が必要になることが挙げられます。
特に就職や資格取得をサポートしていないスクールでは、学んだ技術や知識を活かすための職場を自分で探さなければならないデメリットが大きくなります。
また夜間や休日に授業を行っているネイルスクールは数が限られているため、スクール選びの選択肢が少ないというデメリットもあるのです。

 

ネイル資格を取ってネイリストになる方法

ヒューマンアカデミー ビューティー資格ナビ ケイコとマナブ.net